わきが対策品の1つ制汗剤について

おじさんたち

夏の暑い時期になると、臭いが気になるものです。

汗により体に嫌な臭いが発生し、周囲の人に不快な思いをさせているのではないかと心配にもなります。

特に、脇から発生する汗は、嫌な臭いの原因ともなるため、正しい対応をすることが大切です。

そうした汗をかきやすい季節に大活躍するのが、制汗剤です。現在では、様々な種類や効能を謳う商品が多数誕生し、色々な香りも楽しむことができます。

そこで、わきが対策として便利に利用きる制汗剤について考えていきます。

脇からの強い臭いのもとは、脇の下にある汗腺が原因だとされています。

脇の下には、2種類の汗腺があり、エクリン汗腺とアポクリン汗腺が存在します。

エクリン汗腺から分泌される汗の成分は、ほとんどが水分であるため、臭いは発生しません。

しかし、アポクリン汗腺から分泌される汗には、タンパク質や脂質、鉄分、アンモニアなどが含まれています。こうした汗の成分は、皮膚の表面に住む常在菌によって分解され、体全体から嫌な臭いを発生さえる要因になってしまうのです。

以上のように、アポクリン汗腺から分泌される汗を抑えるには、正しく制汗剤を使用することが重要です。

制汗剤をスプレーする前には、脇をきれいに洗い、清潔な状態を保ちます。

そして、脇に均一のスプレーし、発汗を抑えます。また、時間の経過とともに、効果も薄れるため、こまめに制汗剤をスプレーすることも忘れてはなりません。

わきが対策で最も評判の高い制汗剤は、さわやかな香りがあり、使用感が良いものです。

こうしたわきが対策でも、臭いを軽減させることができない場合には、医療機関などで専門的なわきが治療を受けることが重要です。

SNSでもご購読できます。